Our website uses cookies

リリースノート

3D-Coat 4.8 の更新内容

キー機能:

スマートマテリアルがレイヤに割り当てることができるようになりました!マテリアル管理がより簡単に。

改善された曲率計算。スマートマテリアルがさらにリアルな外観になるための大きな役割を果たします。

リトポルームに新しいプリミティブ:円柱、トーラス、立方体、楕円球、螺旋など。私たちはローポリモデリングにより近づいていきます!

テクスチャの解像度を変更可能。割り当てられたマテリアルは自動的に再サンプリングされます!

- スマートマテリアルのヒストリの使用。

- Renderman でシーンレンダリング。えぇ、本当なんです。

- プロキシスライダー。スライダーを動かすことで簡単にプロキシレベルの変更が可能。

 

- ベイクスキャン。ブラシで焼き付け深度をペイント。深度スキャンの強度を簡単なブラシストロークで定義できるようになりました。

- 4K モニタのサポート。UI 要素とフォントサイズが、ご使用のモニタの解像度に自動的に最適化されます。

- 回転モードのクイック切り替え - Y 軸回りと自由回転。ナビゲーションパネルを御覧ください。

両方のモードが必要?簡単に切り替えられるようになりました。

その他の変更:

- ペンの大きさや深度とは独立して、固定のバンプをスマートマテリアルに割付可能。

- マテリアル/ステンシルなどに多くのフォルダがある場合、ドロップダウンリストとして表示されるようになりました。

- PPP 手法によるディスプレイスメント表示に修正。

- ディスプレイスメントの読み込みの修正。スケーリング係数が正しく使用されます。

- キャッシュされたボリュームが消失しないよう、見つからないキャッシュについてのワーニング表示。

- SHIFT キーによるスナッピング - 90 度の代わりに 45 度でスナップします。

- UV プレビューウィンドウ(UV ルーム内)で CTRL キーを押すと、隣の UV タイルに循環する、選択された UV アイランドが表示されます。

- プリセットとしてカメラ位置を保存可能。

- トランスフォームケージの一点が選択されていてもギズモは表示されます。

- レンダールームでカスタムのレンダリングサイズを復元。

- 正方形アルファの完全サポート。以前のものも正しく動作します。

- 環境設定->Theme でフォントサイズが変更可能。

- "ファイル->Import multiple objects" で異なる方法で複数のオブジェクトの読み込み。

- アンダーカット/浅浮き彫りに平面下の効果を制限するためのチェックボックス。

- チャンネル選択による AO 読み込み。

- 調整ルームに全選択のオプション。

- 右クリックメニューに Copy / Paste / Copy reference / To materials library を追加。

- レンダールームの追加ライトのパラメータに Find Sun ボタンを追加。

- "Replace Depth" は他のレイヤでマスクできます。

- マテリアルで「レイヤ全体を塗りつぶす」とヒストリに送られます。

- マテリアルリファレンス(インスタンス)のサポート。

- 右クリックメニューに「Retopo via decimation」の追加。

- Divide ブレンドの修正。

- 塗りつぶしツールのコントロールの表示。

- 重要! ストロークに沿った深度ブレンド。

- 鋭角化ツールにマスク用の追加オプション。

- 光補償のための「Divide」レイヤブレンド。

- Bigger resolution for モデル->アルファ時のよりより大きな解像度の使用、ジャギー防止のための少量の漸減。

- ライトベイキングツールで、シーン内のそれぞれのオブジェクトに個別にライトをベイク可能。

 

フォーラムでのディスカッション

このリリースを楽しんでください!