7.2 Volume Sculpting Tools/ja

From 3D-Coat Wiki
Jump to: navigation, search
Voxel tools.jpg
ボクセルモードには、スカルプトや様々な動作を操作できる強力なツールセットがあります。

それらは左のツールパネルに配置されています。 いつでも画面上のどこでもSPACEを押すことでツールパネルを呼び出すことができます。 他の各パネルと同様に、右上のピンマークをクリックすることでパネルを残しておく事が出来ます。
ボクセルルームで出来ることについて、全般的な機能を以下のショートビデオでご覧ください:
Videoicon.png 全般的な機能 1
Videoicon.png 全般的な機能 2

7.2.1.jpg
盛り上げ ツールは、リストで最初にあるツールです。

カーソルの下にある表面を盛り上げ/掘り下げます。 ブラシの影響を受けるのは、ブラシサイズと強さのみです。左マウスボタンを押して動かすと盛り上げることができます。Ctrl を押しながら左マウスドラッグで掘り下げます。上部パネルにある増加度スライダでは盛り上げる強さを調整でき、減少度スライダでは掘り下げる強さを操作できます。
Videoicon.png 盛り上げツール デモビデオ

埋める ツールは、凹面上でブラシを動かすことで、凹面を埋めることが出来ます。 「浅い」凹面を作りたい場合や、表面を完全に埋めたくない場合に役立ちます。 凹面を完全に埋める場合は、とても高い強さを入力しなければなりません。
Videoicon.png 埋めるツール デモビデオ

粘土 ツールは、ボクセルスカルプトで素早くストロークを描くことが出来ます。このツールの特色は、ブラシで描くのと同時にスムースが掛けられることです。
Videoicon.png 粘土ツール デモビデオ

彫刻 ツールはスムースなしで、高い出っ張りや深い溝を素早く彫刻することができます。
Videoicon.png 彫刻ツール デモビデオ

エアブラシ ツールは角やその他の形状を素早く作るのに向いています。盛り上げや粘土ツー ルとの違いは、左マウスボタンを押している間(タブレットのペンに筆圧を掛けている間)ブラシの範囲が盛り上がり続けることです。

7.2.3.jpg

Videoicon.png エアブラシツール デモビデオ

積み上げ ツールは盛り上げツールやエアブラシツールに似ています。エアブラシツールは左マウスボタンを押している間ブラシの範囲が盛り上がり続けますが、積み上げツールはそうはなりません。盛り上げツールに似ているのは、ブラシを動かさなければ盛り上がらない所です。ですが違いもあり、積み上げツールではアルファをブラシに用いることができます。 盛り上げツールのようなスムースが掛らないことが下図で確認できます。
Videoicon.png積み上げツール デモビデオ

押し出し ツールは彫刻ツールに似ています。違いはスムースが掛かっていることです。
Videoicon.png 押し出しツール デモビデオ

ツールは泡やボディなどを素早く生成することができます。球のサイズはブラシサイズに依存します。また、それを筆圧に依存させることも出来ます。(押し出しスライダーの左にあるアイコンをクリックすると切り替えられます)球の最大サイズはブラシの直径になります。球ツールでは、たくさんの球や長い筒形状を作ることができます。下図はこのツールで2分で作成されています。
Videoicon.png 球ツール デモビデオ

2D描画 ツールは、画面上で右クリックし指定した位置にある、2軸の平面上で描画できます。まず注意すべきことは、視点を回転させてブラシを動かしても、指定した位置にある平面上で動くだけで、描画平面は指定した位置から動かないことです。そういう場合は、もう一度平面を右クリックで定義しなおし、平面を視点カメラの方へ向けてください。視線を固定するショートカット:テンキーの1,2,4,5,6,7,8 を併用すると良いでしょう)。平面を定義し、好きなブラシを選んで描画してください。また、このツールは上部ツールバーに重要なオプションが存在することに注意してください: [両面]の項目です。 この項目がチェックされていれば、平面の両面に対してストロークを描画できます。
7.2.4.jpg
Videoicon.png 平面描画ツール デモビデオ

平面化 ツールは、木の板を加工するかのように作業できます。このツールは、ブラシカーソルの位置と法線から取得した設定を使用し、ボリュームを削ることが出来ます。 右クリックもしくは右マウスボタンを押したままドラッグすることで、ブラシカーソルの位置と法線を取得できます。 それらのブラシ位置を取得するモードは5つあります:

Planar options.jpg
位置を取得し前方へ向ける このモードは、最後に右マウスボタンが押された位置へカーソルを配置し、平面をカメラの方へ向けます。
位置を取得するのみ このモードは、最後に右マウスボタンが押された位置へカーソルを配置するのみです。平面の方向はパラメータタブでの設定を使用します。
位置を取得するのみ このモードは、最後に右マウスボタンが押された位置へカーソルを配置するのみです。平面の方向はパラメータタブでの設定を使用します。
位置と方向を取得 (ローカル) このモードは、最後に右マウスボタンが押された位置へカーソルを配置し、平面をブラシの中心にある1点のボクセル法線の方向へ向けます。
ナビゲート このモードは、平面を単純に表示しているオブジェクト法線へ常に沿わせることができます。また、ALTを押している間は停止します。

Planartool.jpg

7.2.5.jpg
平削り ツールは、直径と強さの値以外はブラシ設定の影響を受けません。このツールは平坦化ツールに似ています。ブラシでなぞった表面を平坦に削ります。下図の立方体の角へ適用したものをご覧ください。

Videoicon.png 平削りツール デモビデオ

V絞り込み (ボクセルの絞り込み)ツールは鋭いエッジの溝や出っ張りを作るのに役に立ちます。 次の画像をご覧ください。
Videoicon.png V絞り込みツール デモビデオ

V表面移動 (ボクセルの表面移動)ツールはブラシの動きに沿って表面の形状を引き伸ばします。キャラクターやモンスターのシワや、布を作成するのに役立ちます。
Videoicon.png V表面移動ツール デモビデオ
7.2.6.jpg