7.5 Surface Mode & Tools/ja

From 3D-Coat Wiki
Jump to: navigation, search
7.5.1.jpg
v3.1でサーフェイスツールは、いくつかの変更が加えられています。ボクセルモードでもサーフェイスツールを使用できますが、現在、編集用の新サーフェイスモードがあります。 サーフェイスモードへ切り替えて編集するには、ボクセルツリーにあるどれかのレイヤーの立方体アイコンをクリックしてください。クリックすると波線アイコンになり、この波線はサーフェイスモードを表します。 スカルプトする場合、サーフェイスモードはボクセルモードよりはるかに高速です。 調整区分ではポーズ、移動、空間変形のみが、サーフェイスモードツールの編集で利用可能です。

すべてのサーフェイスツールには、ボクセルツールに対応したツールがあります: ドローはエアブラシと似ていて、V絞り込みは絞り込み、V表面移動には表面移動、平削りは平坦化、粘土にはクレイなどがあります。 また、以下に記載するサーフェイスツールセットには2つの独特なツールがあります:

7.5.3.jpg
ドロー ドローツールは素早く角や盛り上がりをスカルプトするのに便利です。ツールでエアブラシのように描いてください、ボリュームオブジェクトの表面上でのみ動作するということが確認できます。

絞り込み このツールは鋭いエッジや、溝、出っ張りを作成するのに便利です。以下の画像をご覧下さい。 V絞り込みツールと同じように、ボリュームオブジェクトの表面上で動作します。
表面移動 ツールはブラシの動きに沿って表面の形状を引き伸ばします。キャラクターやモンスターのシワや、布を作るのに役立ちます。V表面移動ツールと同じように、ボリュームオブジェクトの表面上で動作します。
クレイ ツールは、ボリュームオブジェクト上に素早くストロークを配置できます。粘土ツールと同じように、ボリュームオブジェクトの表面上で動作します。
ガム ガムツールはメッシュ上へ、最良の形状を作成するのに便利で、サーフェイスツールのセット内では独特なツールです。 このツールは皮膚・毛穴・シワを作成するのに最速の方法です。高解像度の場合、最良の見栄えになります。 このツールは一般的に、オブジェクトの細部を瞬時にスカルプトするのに使用されます。

7.5.4.jpg
ラピッド ラピッドツールは、名前の通り、大体の形を造形することに関しては、3DCoatの中で最も処理の速いツールの1つです。 このツールはほとんどの点でガムツールとは正反対で、ブラシ形状、ブラシサイズ、強度、の設定が使用されません。 ラピッドツールが他に優れているのは、表示画面の空間内に2つのボクセルオブジェクトレイヤーがあり、それらがお互い重なり合っている場合、その2つの間を埋めるのに最良の働きをすることです。

Videoicon.png サーフェイスツール全般 デモビデオ